【花火撮影】で多くの方がする間違いとは!花火撮影のポイントは〇〇です☆

◆【花火撮影】で多くの方がする間違いとは!花火撮影のポイントは〇〇です☆

 

おはようございます。

大阪にて写真撮影&フォトレッスンをしております、フォトサロンSweetpea(スイートピー)のMikiです。

 

 

 

夏本番。
連日、各地で花火大会が開催されていますね。

ブログやインスタ等で、皆様の花火大会レポを楽しく拝見しています。

 

 

 

 

 

私の地元(大阪府茨木市)の夏の風物詩といえば、弁天さんの花火

正式には、「辯天宗 夏祭奉納花火大会」と言います。

 

60年以上の伝統を誇る花火大会ですが、2013年夏に福知山の花火大会で起こった爆発事故を受けて国が規制を強化。
茨木市においても火災予防条例が改正され、安全上の理由から、2014~15年は中止になっていました。

 

 

昨夏は、地元民が待ち望んだ、弁天さん花火の再開!

(今のお家に引っ越してきて初めての弁天さんは、)自宅のベランダから鑑賞しました。

 

自宅からも思っていた以上に見え、混雑知らずで楽しむことが出来たのですが、どうしても電線等が写り込んでしまうため…
今年は弁天さんの境内まで行って来ました。

 

 

さぁ、弁天花火の幕開けです。

 

 

雲がほとんどなかったので、空が澄んでいて綺麗ですよね。

 

 

これらは全て、加工なしの画像です。

 

そして、フラッシュ(ストロボ)も使っていません。

と言うと、「うっそー!それで何でこんなに明るく撮れるの?」と聞かれます。

 

 

「暗い=ストロボを使う」と思っている方が多いのですが、そうではありません。

 

ストロボには照射範囲(照射距離)というものがありますので、カメラに内蔵されている小さなストロボを使ったところで、せいぜい前の人の頭が光るくらいです。笑

前の人の頭ばかり目立つ写真って残念ですよねぇ。

 

 

つまり花火を綺麗に撮るには、ストロボを使うのはなくカメラの設定(露出等)を調整するのがポイントです。

 

 

 

花火シーズンに先駆けて…
Sweetpeaでは、6月より『夜景撮影講座』をスタートしました。

 

「花火を撮るのは難しい」「どうやったら綺麗に撮れますか?」とSNSによくコメントを頂くのですが…
“カメラの基本”を理解できれば、『花火撮影』も決して難しくはありません。

 

カメラ初心者さんも、たった3ヶ月で、マニュアルモードを使った夜景撮影や花火撮影ができるようになりますよ。

 

 

カメラを習ってみたいと思われたら、ぜひデジカメ初心者さんのためのフォトレッスンへお越し下さい。

一緒にフォトライフを楽しみましょう!

 

 

新クラス 9月21日スタート!

 

ご予約・お問い合わせ、ありがとうございます。

お席に限りがございますので、参加ご希望の方はお早めにご連絡下さいね。

 

 

大阪北摂 Sweetpea
オフィシャルウェブサイト
オフィシャルブログ
Instagram
Facebookページ

 

■写真撮影
ただ今、期間&組数限定で「モニター様」を募集中。
出張写真撮影メニュー

■フォトレッスン
デジカメ初心者さんのためのフォトレッスン

■スケジュール
土日祝もご予約可能です。お気軽にご相談下さい。
レッスンスケジュール

■お客様の声
・優しさと暖かさが溢れるフォト
・自然な表情を引き出すスペシャリスト
・写真はステキの一言!!私たちの宝物です。
・本当に貴重なショットをたくさんありがとうございました!
・癒しのレッスン&女子力up間違いなしの素敵サロン♡
・すごく楽しいレッスンでした♡
etc.

■お問い合わせ
ご予約・お問い合わせ

 

茨木市・吹田市・高槻市・摂津市・箕面市・池田市・豊中市・門真市・交野市・大阪市・東大阪市・堺市・和泉市・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県・愛知県・岐阜県・東京都などの日本全国とハワイから、20~40代の花嫁さんやママさん、女性起業家さんに多くご利用頂いております。

心をこめた丁寧な対応とアットホームな雰囲気作り心掛けていますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。