【ヨガポーズ集】立位のポーズ Utthita Parsvakonasana

ヨガポーズ集

 

Utthita Parsvakonasana(ウッティタ・パールシュヴァ・コーナ・アーサナ)
日本語名:体側を伸ばすポーズ

左右非対称の立位のポーズです。

股関節の柔軟性と体幹の力を使って、脇腹を伸ばします。

下の腕は手の平を床に添える程度にし、体重を乗せないようにしましょう。

 

【ポーズのとり方】

タダ・アーサナで立ち、両足を肩幅の3倍分開きます。
両手を肩の高さに上げます。
右足のつま先を上げかかとを軸にして90度外に開きます。
吐く息で右膝を90度に曲げ、膝がかかとの上にくるようにします。
股関節から横に倒し、右足の横に右手を置きます。
しんどい方は、肘を曲げて膝上に置きましょう。
左腕を耳の横に並べ指先までまっすぐ伸ばします。
目線を左腕の内側に向け、しばらく呼吸を行います。
膝を伸ばしながら上体を起こしたら、足を入れ替えて、反対方向も同様に行います。

 

【効果のある部位】
足首


腹部
背骨
鼠蹊部(脚の付け根)

【その他の効果】
足全体の強化とストレッチ
股関節・鼠蹊部のストレッチ
仙腸関節の柔軟性
腰・背中・肩・腕のストレッチ
首の強化
呼吸器系の強化
ウエストを引き締める
美尻
消化器系を整える
座骨神経痛の緩和
持久力増進

【セラピー効果】
便秘
不妊症
腰の痛み
骨粗しょう症
坐骨神経痛
月経時の不快症状

【注意禁忌】
頭痛
血圧
不眠症
首に問題がある場合:目線を正面もしくは床に向けたまま、首の両側を均等に伸ばして保つ

 

外ヨガ会レポ④-3

Model:Playful Angels
Photo by Miki