ヨガとは

ヨガとは

ヨガの種子は宗教でした。そこから時代とともに哲学、生理学、心理学、解剖学を取り入れながら発展してきました。
ヨガは、「ヴェーダ」という偉大なマントラの集まりを元に作られた、「あること」をするための方法の一つです。
「あること」それは、人によって違いますが、つまり人が望むこと。それを可能にする方法がヨガです。

 

ヨガの歴史

YOGAという言葉は、「結ぶ」「繋ぐ」という意味を持つサンスクリット語のユジュ(yuj)に由来しています。
体、心、魂を神(あるいは宇宙)に結びつけることの修行法として、紀元前4000年~2000年頃、インダス文明で生まれました。

200年頃には最も古いヨガの根本経典である「ヨガ・スートラ」が編纂され、具体的なヨガの実践方法が記されました。「ヨガ・スートラ」によると、ヨガは「心の動きを抑止すること」と定義され、心の動きをコントロールする様々な鍛練により、苦しみから解放されることをその目的としています。

1000年頃には、ポーズ(アーサナ)と呼吸法(プラーナヤーマ)などの、肉体を浄化し強化する鍛練によって、自己(エゴ)を超越した揺るぎない境地を目指す「ハタ・ヨガ(=力強いヨガの意)」が出現しました。
現在世界中に普及しているヨガのポーズは、この伝統的なハタ・ヨガの一部です。
その後、ハタ・ヨガの教本を基礎として様々な流派が生まれ、複雑に交じり合いながら現代のヨガへと繋がります。

心と身体をリラックスさせ、健康的で充実した生活を送るためのツールとして、現在も新しいスタイルのヨガが次々と生まれています。

 

ヨガの目的

ヨガの本来の目的は、「快適で安定した心を作ること」です。

呼吸法をマスターしヨガのポーズを正しく行えるようになると、体の歪みが改善され姿勢も正しくなります。
ヨガを続けることで血行も良くなり、凝りや痛みによるストレスも減ることで、集中力が高まり、穏やかで揺るぎない精神状態を作り出すことができます。

歪みが解消し、体全体が引き締まって美しいプロポーションを手に入れられるのはもちろんのこと、活力に満ちた前向きで穏やかな気持ちを得られることこそがヨガの特長といえます。

 

ヨガの呼吸法

深呼吸で心身がリラックスできるように、呼吸が体と心に及ぼす影響はとても深いものです。

ヨガの基本でもある呼吸法は、呼吸を制御することで活力と集中力が増し、心と体を結びつけてくれます。また、細胞ひとつひとつに酸素が送り込まれ、体の内側から活性化するという効果もあります。

 

ヨガの効果

・丈夫で柔軟な体に
色々なポーズを行うことで柔軟性が増し、しなやかで丈夫な体に変わっていきます。
骨と関節も柔軟に鍛えられるため、骨粗鬆症や関節痛の予防にもなります。

・姿勢が良くなり、脂肪のつきにくい身体へ
筋力が向上し、歪みも矯正されることで、バランスの良い美しい姿勢を保つことができます。
コア(体幹)と呼ばれるインナーマッスルが鍛えられることで作られた美しい姿勢は、脂肪のつきにくい状態を維持してくれます。

・体内環境を整え、エイジレスな体に
筋肉伸縮と深い呼吸によってリンパの流れや血行が良くなり、内臓も活性化されることで、心臓発作、脳卒中などの病気予防になります。
また、便秘の緩和などにも効果のあるヨガは、腸内環境を整えて体内をきれいな状態にしてくれます。
こういった浄化作用は、心身ともにすっきりとした心地良さを得られるだけでなく、お肌の老化防止にも繋がります。

・ストレスの緩和で落ち着いた心に
疲労回復効果のあるポーズやプラーナヤーマ(呼吸法)などで、リラクゼーションを得ることで、不安やイライラした気持ちは落ち着き、ストレスが和らぎます。
不眠や片頭痛など、ストレスによる様々な病気の予防となるとともに、ポジティブで安定したメンタルバランスを保つことができます。

 

こんな方にもおすすめ

・筋力がない、運動が苦手な人
ヨガの基本はポーズと呼吸です。
他のスポーツと違い、高度な技術や道具のいらないヨガは、体の硬い方、運動が苦手な方や、体力のないご年配の方にも広く親しまれています。

・冷えやだるさ、肩凝りなどを改善したい
バランスの良い体を作り、代謝を上げ、血液の循環をスムーズにしてくれるヨガは、冷えや肩凝り、むくみなどの改善にも効果があります。
またホルモンバランスを整える効能もあるので、女性特有の更年期障害や月経による不快症状などの緩和も期待できます。

・多忙でストレスフルな人
自分を見つめ直す時間とリラックス効果も与えてくれるヨガは、ちょっとした空き時間にマット1枚分のスペースで行えるとあって、多忙でストレスフルな現代人に最も適したエクササイズともいえます。